ペットも大事な家族|保険から考える犬の安心生活

保障内容と利用

ペットに合った保障内容を選ぶ

ペットの具合が悪くなったとき、動物病院を受診すると、保険を使うことができないため、医療費が高額となります。そのため、最近では、高額の医療費負担に備える犬保険が各種販売されるようになりました。 保障内容は、会社によって異なるため、どのような保障を重視するかによって商品を選ぶことをおすすめします。犬保険では、病院への支払いの割合が50%の保険商品が主流ですが、80%や100%の商品も販売されています。 また、年間の最大の保障金額が50万円程度から、100万円程度となっているものが多く、設定なしの商品もあります。通院の日額上限が設けられているものもあり、5,000円〜12,000円程度の範囲の商品が多くみられます。

割引やキャンペーンを利用する

犬保険に加入する際には、お得な情報にも注目したいものです。複数のペットを飼育している場合には、多頭割引のあるプランが割安になります。また、保険の利用が少ないときには、無事故割引が受けられる商品もあります。 また、犬保険の中にはペットの賠償責任特約を設けている商品もあり、示談交渉サービスが付いたものもあります。事故に備えてセットで加入しておくことで、万一に備えることができます。 また、保険によってはキャンペーンを実施していることがあります。成約すると図書カードやギフト券、景品などを受け取ることができる商品もあります。さらに、抽選でギフト券や景品が当たるものもありますので、加入する際にあらかじめ確認しておくとよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加